Mac初心者の使いこなし日記

2011年11月、WindowsからMacに乗り換えました。Macパソコンの使いこなし術について書いていきたいと思います。
  

スポンサーサイト

Posted by りょうたん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macの解凍ソフトは『The Unarchiver』で間違いなし(日本語&無料)

Posted by りょうたん on   6 comments   0 trackback

Macを使い始めて早々に気になること。

「解凍ソフトは何を使えばいいんだ!?」

Windowsなら『Lhaplus』や『Lhaca』などの有名なフリーソフトがありますが、

Macの場合は『The unarchiver』がおすすめです。(日本語&無料)

※参考:Macでファイルを圧縮&解凍する

App Store もしくは公式サイトからダウンロードできます。
※最新バージョン3.5.1 (2012/12/24時点)

The Unarchi appstore

App Storeの無料Appランキングでも10位と大人気です。
(2012/12/24時点)

The unarchi 大人気

appファイルをダウンロードしたら、アプリケーションフォルダに移動しましょう。


『The Unarchiver』の特徴


1.解凍可能なファイルの種類が圧倒的に多い。

 定番のZIP、LZHをはじめ、最新の7Z、RARなど、40種類以上の圧縮形式に対応しています。

 もちろん、分割された.rarファイルも結合・解凍できます。

 Macの解凍ソフトとしては、他に『Stuffit Expander』も有名ですが、対応している圧縮形式の種類は『The Unarchiver』の方が多いです。

 <対応している圧縮形式>
 ZIP、RAR、7Z、LHA/LZH、SIT/SITX、HQX、BIN/MACBIN、GZ/GZIP/GZ、TGZ/TAR-GZ、BZ2/BZIP2、BZ、TBZ/TBZ2、XZ、TXZ、TAR、ISO、GTAR、Z、TAZ、ACE、ARJ、ARC/PAK/SPK、ZOO、LBR/LQR/LZR、CAB、RPM、ALZ、DD、CPT、PIT、NOW、SEA、EXE、CPIO、CPGZ、PAX、HA、ADF、DMS、F、LZX、DCS、PKD、XMS、ZOM、PP、NSA、SAR

The_Unarchi_対応形式2


2.動作が軽い

解凍速度は『Stuffit Expander』とほぼ同じです。

ちなみに解凍の進行状況はプログレスバーで表示されます。

数百MBのファイルだろうと、スムーズにバーが満たされていく様子には、快感と満足感を覚えます笑。

解凍中

3.文字化けしない

Windowsユーザーから送られてきた圧縮ファイルをMacで解凍すると、稀にファイル名が文字化けすることがあります。

これは両OSで使用している文字コードが異なるために起こるものです。

しかし、『The Unarchiver』では文字化けの心配はありません。「環境設定」からファイル名の文字コードを自動的に判別するように設定します。

アプリケーションフォルダに格納した『The Unarchiver』をダブルクリックすると、「環境設定」のウインドウが開きます。

「詳細」タブで、ファイル名のエンコーディングの設定が出来ます。デフォルト設定の「自動判別」にしておけばよいでしょう。

The Unarchi 自動判別


4.操作が超かんたん

圧縮ファイルをアイコン上にドラッグ&ドロップするだけで解凍できます。

なお、解凍時の保存先も自由にカスタマイズできます。

「環境設定」のウインドウを開き、「展開」タブで設定しましょう。

・アーカイブと同じ場所(解凍前の圧縮ファイルと同じ場所。初期設定)
・展開先フォルダを確認(そのつど解凍先を指定する)
・Desktop
・その他(あらかじめ決めておいたフォルダに解凍)

The Unarchi 展開先

また、解凍後に圧縮ファイルをゴミ箱に移動することもできます。

その他、細やかな設定が可能。

The Unarchi 展開

解凍作業なんてものはサッサと済ませたいもので、都合よく色々とカスタマイズできるのは嬉しいものです♪


その他豆知識



●いつも『The Unarchiver』で解凍したいとき

圧縮ファイルを選択して、右クリック

情報を見る

「このアプリケーションで開く」で、『The Unarchiver』を選択し、「すべてを変更」をクリック

「続ける」をクリック

次回から同じタイプのファイルは 『The Unarchiver』 で解凍するようになります。

全てunarchiで0


全てunarchi で1


全てunarchiで2

もしくは「環境設定」の「アーカイブ形式」タブを開き、いつも『The Unarchiver』で開きたいファイル形式にチェックを入れましょう。

unarchi 全てこれで

●The Unarchiverは解凍専用ソフト

残念ながら、バージョン3.5.1では圧縮機能はついていません。

しかし、解凍ソフトとしては機能満点で、言うことなしです。


●ダウンロード
The Unarchiver
関連記事

Comment

アリス says... "大変よくわかりました。"
早速ダウンロードして使ってみたいと思います。
2013.05.04 16:55 | URL | #- [edit]
りょうたん says... "Re: 大変よくわかりました。"
> 早速ダウンロードして使ってみたいと思います。

アリスさん、コメント下さり、ありがとうございます!
更新がほとんどできていないブログですみません^^;
この解凍ソフトはシンプルで本当に使いやすいので、ぜひ試してみて下さいね☆
2013.05.04 17:07 | URL | #- [edit]
says... "承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.11.30 22:30 | | # [edit]
says... "承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.02.16 15:22 | | # [edit]
says... "承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.05.18 11:05 | | # [edit]
says... "承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.12.13 11:50 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://macrunner.blog.fc2.com/tb.php/54-428bcf79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。