Mac初心者の使いこなし日記

2011年11月、WindowsからMacに乗り換えました。Macパソコンの使いこなし術について書いていきたいと思います。
  

スポンサーサイト

Posted by りょうたん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac はいかに使いやすくデザインされているか

Posted by りょうたん on   0 comments   0 trackback

Windows使いにとって、気になるポイント。

「Macって使いやすいのかなー?」

これに対し、私はいつもはっきりと答えます。

「使いやすいっ!」笑

MacはWindowsに比べ、ユーザーが直感的に操作しやすいよう、細部に渡り工夫が施されています。

たとえば、Windowsを使っていると、

「あぁ、こんな操作をしたいのだけど、どのアイコンをクリックすればいいのだろう……」

と一瞬迷うことがしばしばありますよね。

しかし、Macの場合、そういったことは少ないのです。

まさに、「かゆいところに手が届く」といった感じ。

感覚的に、やりたいと思った操作をすぐ実行できるようなつくりになっているのです。

スティーブ・ジョブズの「シンプル・イズ・ベスト」という哲学が行き渡っているのでしょうね!

OSのデザイン(ユーザーインターフェース)しかり、
App Storeなどのオフィシャルアプリケーションしかり、
周辺機器の扱いしかりです。

では、具体的に、どこがどのように使いやすくデザインされているのか。

それについては、おいおい解説していきたいと思います(って、ひっぱるのかいっ!)


そういえば、数ヶ月前から、私の後輩がアルバイトでデザイン会社に勤めているんですよね。

各種商品チラシを製作する会社で、そこで彼女はデザイナーのアシスタント業務をしています。

こういった業界ではほぼ全員がMac(+Illustlatorなど)を使って仕事をするのですが、彼女曰く

「Macに慣れていないから、まだ使いにくいー(+_+;)」

とのこと。

果たして、使いやすさを実感するときが来るのか……。(私は3ヶ月もすれば実感だろうと思うのですが)

これもまた、改めて報告したいと思います笑。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://macrunner.blog.fc2.com/tb.php/51-c5627f35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。