Mac初心者の使いこなし日記

2011年11月、WindowsからMacに乗り換えました。Macパソコンの使いこなし術について書いていきたいと思います。
  

スポンサーサイト

Posted by りょうたん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンクションキーの機能解説。そして、Windows風に操作する方法

Posted by りょうたん on   0 comments   0 trackback

ファンクションキーとは、キーボードの一番上に配置されているキーのことです。
キーには「F1」〜「F12」までの文字が刻印されています。

今回は、

・ファンクションキーの機能
・Windows風に操作する方法

について、見ていきたいと思います。

Macの場合、出荷時は以下のような設定になっています。

F1:モニタの明るさを暗くする
F2:モニタの明るさを明るくする

F3:Mission Control
F4:Launchpad

F5:キーボード・バックライトを暗くする
F6:キーボード・バックライトを明るくする

F7 iTunes 前へ
F8 iTunes 再生/一時停止
F9 iTunes 次へ

F10 消音
F11 音を小さくする
F12 音を大きくする


f1〜f6


f7〜f12


そして、通常のファンクションキーとして使いたいときは、「fn」キーと同時押しをします。
たとえば、文字入力の際、「fn」キーと「F7」キーを同時押しすれば、全角カタカナに変換されるといった具合です。

しかし、Windowsを使ってきた人にとっては、いちいち「fn」キーを押すのが面倒くさい……。

そこで、「fn」キーと同時押しをしなくても、単独で「F1」〜「F12」キーを使う方法をご紹介します。


デスクトップ左上のリンゴマーク

システム環境

キーボード

「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れる


システム環境設定の場所


システム環境設定全図


ファンクションキーの設定


こうすることで、「F1」〜「F12」キーを単独押しで使えるようになります。

逆に、モニタの明るさ調整などは、「fn」キーと同時押しをすればできます。

*****

ファンクションキーを使うことで、パソコンをより効率良く使うことができます。
いちいちメニュー画面を開いたり、ポインタを動かしてカチカチする手間が省けますので、本当に便利です。
ぜひ、 お好みで設定してみてください。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://macrunner.blog.fc2.com/tb.php/46-6f45ea82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。