Mac初心者の使いこなし日記

2011年11月、WindowsからMacに乗り換えました。Macパソコンの使いこなし術について書いていきたいと思います。
  

スポンサーサイト

Posted by りょうたん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac初心者がとりあえず知っておくと良い、Dockの使い方まとめ6つ

Posted by りょうたん on   1 comments   0 trackback

Macを使い始めて、一番最初に目につくのが、Dockであると思います。

このDockは色々と便利なカスタマイズができるのですが、Mac初心者がとりあえず知っておくと良い操作方法についてまとめてみました。

(1)Dockにアプリケーションやファイル、フォルダを追加する
方法としては、追加したいアイコンをDock上にドラッグ&ドロップするだけでできます。
ただし、区切り線の左右で追加できるアイコンの種類が異なります。
区切り線の左側→アプリケーション
区切り線の右側→ファイル、フォルダ

Dockの区切り線

(2)Dockからアプリケーションやファイル、フォルダを削除する
以下、いずれかの方法でできます。
①アイコンを右クリック → 終了をクリック
②アイコンをデスクトップ上にドラッグ&ドロップ

(3)Finderで開く
以下、いずれかの方法でできます。
Dockに表示されているアイコンを
①command + クリック
②右クリック→オプション→Finderに表示


Dock ミュージック

ミュージックfinder


(4)ログイン時に開く
Dockに表示されているアイコンを右クリック
→オプション
→「ログイン時に開く」をクリックする(チェックマークが入ります)


Dock ログイン時に開く-1


(5)Dockのサイズを変更する
Dockの区切り線を上下(左右)にドラッグ&ドロップすると、お好みの大きさに変更できます。
さらにoptionキーを押しながらドラッグ&ドロップすると、一定の段階でサイズ調整ができます。


Dock最大
Dock最大-1


Dock最小
Dock最小


(6)Dockの表示場所を変更する
デスクトップ左上のアップルマーク
→Dock
の位置にアイコンを持っていくと、設定ができます。

Dockの簡易設定


Dock 環境設定をクリックすると、詳細に設定することができます。
Dock環境設定


Dock左側表示の例
Dock左


いかがでしたでしょうか?

他にも色々とカスタマイズできますが、Mac触りたての頃であれば、上記機能が使えれば、とりあえず不自由しないと思います。

慣れてきたら、その他の設定もいじってみて下さい。

きっと、自分だけの、丁度いい設定が見つかることと思いますo(*^▽^*)o


<おまけ>
Dockのウラワザがまとめられたサイトをご紹介します。
All About
Dockをワンクリックで制御する

---引用---

以下で紹介する操作は、control + クリックや右クリックして項目のメニューを表示すれば、簡単にできることばかりですが、あらかじめ覚えておくと素早く操作できるため便利になるでしょう。

●登録されたアイテムの場所をFinderで開く
操作方法:Dockに表示されているアイコンをcommand + クリック

●登録されたアイテムを登録解除する(アイテムは削除しない)
操作方法:Dock上のアイコンをゴミ箱にドラッグ&ドロップ

●アイコンのサイズをある程度きまった大きさの段階で変更
操作方法:option キーを押しながら区切り線を上下(左右)にドラッグ

●クリックしたアプリケーションに切り替えるときに、直前のアプリケーションを隠す
操作方法:option キーを押しながら切り替えたいDock上のアイコンをクリック

●クリックしたアプリケーション以外をすべて隠す
操作方法:command + option を押しながら、切り替えたいアイコンをクリック

●一時的にDockの拡大機能をオン(またはオフ)にする
操作方法:control キーと shift キーを同時に押しながら、マウスカーソルをDockに重ねる

●Dockの表示位置を変える
操作方法:shift キーを押しながら、区切り線上でマウスボタンを押したままにし、画面左/右まで大きくドラッグ

---引用以上---


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://macrunner.blog.fc2.com/tb.php/40-d5c3a302
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。