Mac初心者の使いこなし日記

2011年11月、WindowsからMacに乗り換えました。Macパソコンの使いこなし術について書いていきたいと思います。
  

スポンサーサイト

Posted by りょうたん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1つのグラフでスバリ解析。Win,Mac,Linuxどれがいいんだろう?

Posted by りょうたん on   0 comments   0 trackback

らばQ
Windows、Mac、Linux、結局どれが使いやすいの?説得力ありすぎのグラフより
パソコンの使用目的別に、使いやすいとされるOSが表されています。

3つのOS用途別



ゲーム:Windows
 →これはOSの性能というより、対応しているゲーム本数の多さを表しているのでしょうか。
ハッキング:Linux
 →Linuxを使ったことがないのでよく分かりませんが、イメージはこの通りかも。
映像編集:Mac
 →グラフはやや大げさです。しかし、クリエイターの方々にとっては、細部の美しさにこだわりを見せるMacが支持されるのでしょう。実際にこの分野のプロはMacを使っていることが多いようです。
ポルノ閲覧:どのOSも最高に使いやすい!!!
 →エロはOSの性能差を超越する興奮を与えてくれる……はず。え、「なぜ断言しないのか?」って?ノ、ノーコメントォォッ!(笑)

まあ、Mac歴半年の私としては、「Windowsでできることは、ほぼすべてMacでできる」というのが正直な感想なんですが。

***おすすめ書籍***
「Windowsにしようか、Macにしようか」
パソコン選びで迷われている方に、おすすめの1冊をご紹介します。


失敗しないMacデビューのためには、インターネット情報だけでなく、複数方面から情報を仕入れることが大切です。
◎Macユーザーである友人・知人の口コミ(→信頼性が高く、ウソのない情報がGETできる。また、細かい質問ができる)
◎店頭で実機に触れる(→「マックが自分に合う」かどうか直接肌で感じられる)
◎書籍媒体でのリサーチ(→インターネットよりも情報信頼性が高い)
などです。

たとえば、Mac移行への選択肢としても
(1)WindowsとMacの2台持ちをする
(2)Macパソコン1台に絞って使う。
(3)Macパソコン1台にWindowsもインストールする
などなど様々にありますが、その詳細についてはなかなかネットで知りえない部分があります。

もっと詳しく言うと、(3)の選択に関しては、
●Apple純正の無料ソフト「ブートキャンプ(Boot Camp)」を使う
●いちいち再起動せずにWindowsを使える、便利な仮想化ソフト「Parallels Desktop」を使う
などの方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあるのです。
もちろん、どの方法がベストであるかは、当然、使う人の好みや目的によって変わってきます。

今回ご紹介する本は、こういった情報を詳細にまとめた本です。
コスト的にも労力的にもなるべく無駄を省きたい方は、ぜひご一読ください。

マックとウィンドウズ 2011―共存・共有・共栄 (MYCOMムック 別冊Mac Fan VOL. 7)はこちら



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://macrunner.blog.fc2.com/tb.php/34-200ac9c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。