Mac初心者の使いこなし日記

2011年11月、WindowsからMacに乗り換えました。Macパソコンの使いこなし術について書いていきたいと思います。
  

スポンサーサイト

Posted by りょうたん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsかMacか、迷われている方へ。

Posted by りょうたん on   0 comments   0 trackback

最近はMacのパソコンを使う人が増えてきました。

iPod、iPhone、iPadを使ってみて、「Apple製品はデザインも使い勝手も素晴らしいね」と感じた方が、

「パソコンもWindowsからMacにしてみようかな

と思われているようです。

「Macは使えないパソコン」
「対応しているソフトが少ない、不便なパソコン」

という先入観が、iPod、iPhone、iPadの使いやすさと多機能性により、間接的に拭い取られているように感じます。

しかし、今までWindowsを使っていた人にとって、Macへの乗り換えはやっぱりためらわれることも多いでしょう。

その主な理由は、以下3点にまとめられると思います。

(1)新しく操作方法を覚えるのが面倒だから
(2)Windowsで出来たことが、Macで出来なくなると困るから(OSはもちろん、使用するソフトも変わることが多々あるため)
(3)他のWindowsユーザーとファイルのやり取りが出来なくなると困るから

これらの懸念に対処するため、Mac OS 標準の「ブートキャンプ(Boot Camp)」機能を使って、MacにWindows7をインストールする方が増えているということです。

日経トレンディネット
Mac売り場に異変! Mac用ソフトの一つになったWindows 7 (2010年03月15日)より引用

Mac上でWindows 7を使うユーザーが増加中

 「Windows 7のパッケージを購入するのはWindowsユーザーよりも、Macユーザーの方が多い」と語るのは、ビックカメラ新宿西口店の村田辰郎氏。Mac売り場でも、Windows 7のパッケージがよく売れているという。Mac上でWindowsを動作させるアップル純正のソフト「BootCamp」をはじめ、サードパーティーからも同じようなソフトが販売されている。MacでもWindowsが動作するという認知が着実に高まっているようだ。

 こうした傾向が見られるのは同店だけではない。多くの店舗で、Windows 7を動作させるためにMacを購入する人が増えているのだ。Mac売り場でWindows 7のパッケージが売れていることは、WindowsからMacへ移行するユーザーが増加している証ともいえる。



ブートキャンプ(Boot Camp)機能を使ってしまえば、パソコンを買い換える際に
「Windowsにしようかな〜、それとも、Macにしようかな〜」
と迷うことはほぼなくなります。

ちなみに、私が使っていますMacBook Airでは、まだBoot Campを利用したことがありません……。

というのも、Mac OS とそれに対応するアプリケーションだけで、ほとんど不便を感じたことがなかったからです。

ただし、最近は、
「ウィンドウズでも私のブログがきちんと表示されるか確かめたい」
「OfficeソフトをMac版ではなく、Windows版で使いたい(仕様が微妙に異なる)」
「最新のWindowsとMacを使い比べたい」
などの理由で、Windows7のインストールを考えています。

【結論】
WindowsからMacに乗り換えた、私の正直な感想として、一般的な使用に関しては、Macを使うことで不自由を感じることはほぼありません。
さらにWindows7をインストールしてしまえば、1台のパソコンでマックとウィンドウズの両方が使えます。
ですので、WindowsとMac、どちらのパソコンを買おうか迷っているのであれば、私はMacをおすすめしたいと思います。


私が買ったMacはこちら。初めてMacを使う方に1番ピッタリです。Apple MacBook Air 13.3インチ


関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://macrunner.blog.fc2.com/tb.php/29-3c23cbcf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。