Mac初心者の使いこなし日記

2011年11月、WindowsからMacに乗り換えました。Macパソコンの使いこなし術について書いていきたいと思います。
  

スポンサーサイト

Posted by りょうたん on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Macのキーボードショートカット その1

Posted by りょうたん on   0 comments   0 trackback

Macでも、キーボードショートカットが使用できます。
多くの場合、WindowsのCtrlキーをMacのcommandキーに置き換えるだけです。
もちろん、Macオリジナルのキーボードショートカットもあります。

ここでは、頻繁に使用すると思われるキーボードショートカットをご紹介させていただきます

command + Z   → 取り消す(動作をひとつ前に戻す)
command + F   → 検索
command + C   → コピー
command + V   → ペースト(Windowsでの「貼り付け」)
command + X   → カット (Windowsでの「切り取り」)
command + A   → すべてを選択

shift + command + delete → ゴミ箱を空にする
shift + command + N    → 新規フォルダ
command + S    → 保存
shift + command + S    → 別名で保存
command + W       →  ウインドウを閉じる
option + command + W  → すべてのウインドウを閉じる
option + command + esc  → アプリケーションの強制終了


※下記は対象のファイルを選択した状態で使用するショートカット
コマンド + I    → 情報を見る
コマンド + D     → 複製(コピー) 
コマンド + delete  →ゴミ箱に入れる
コマンド + O    → 開く

この他の便利なキーボードショートカットがありますので、改めてご紹介させていただこうと思います。

【結論】
MacのキーボードショートカットはWindowsと似ています。
基本的には、Ctrlキーをcommandキーに置き換えれば良いです。



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://macrunner.blog.fc2.com/tb.php/21-1975de8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。